スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一時間SS(ふるぷら)/明日天気になぁれ

 1日遅れですが1時間SSやってみました
 お題から選択して「ハイヒール」「占う」です

 でわー
 炎天下の町を避けて、私は事務所近くの公園のベンチに座っている。
 隣りには風に揺れるツインテールの髪……
「……ごめんねやよい、今日は早く終わっちゃったから、まだ迎えが来ていないのよ。」
「うぅん、いいよ伊織ちゃん。今日はもう帰るだけだったし。」
蝉がみんみんみんみんみんみん…… 暑苦しく歌っている。事務所を出る時、TVから30度を越えたと流れていた。アスファルトの上は35度を越えるかも。
 ……そんな中を、やよい一人家まで歩かせられない。
「ねぇ伊織ちゃん! 今日の服、すごくかっこいいよ♪」
「にひひ♪ そう思う? 今日はちょっと大人っぽい伊織ちゃんにしてみたの♪」
かっちりした紺色のスーツに白いハイヒール。思いきって大人っぽい服装にしてみた。……事務所であずさに「かわいいかわいい」と思いっきり抱き締められたけど。
「やよいも、こういう服着てみたい?」
「うん! でも、似合うかなぁ……」
生来の素直さが笑顔にそのまま現れ、そして照れ隠しにちょっと俯いて上目使い…… ほんっと、あずさじゃないけど抱き締めたいくらいに可愛い……
「そういうお仕事もあればいいんだけど…… とりあえず明日は水着の撮影だしねぇ」
「とっても夏ー!!って感じだねっ! なんだかメラメラーってなってきちゃった!」
アイドル雑誌の初夏の特別企画。……水着になってもこの伊織ちゃんの魅力は存分に発揮できる。とはいえ! ……どうせ胸だけ大きい子とか持て囃されちゃうんだろうなぁ。
「伊織ちゃん! がんばろーねっ!!」
やよいの明るさが心の支えかも。

「で、明日って海で撮影だったっけ?」
「えへへ~ 海楽しみ♪」
連日炎天下とはいえ、海にはちょっと早いんじゃ…… とも思わないでもないけど、撮影だけならね。
「他の事務所のアイドルさん達も来るみたいだよ? がんばって一番目立っちゃおうよっ!」
「そ、そうねっ! まぁ鼻血の海にするわけにはいかないけど、みんな私達の魅力で悩殺しちゃおう!」
自然にテンションが引っ張られる。やっぱりやよいと一緒に居るとそれだけで楽しい。
「うっうー! 明日は晴れてほしいなぁ! あ、そうだ!!」
「何してるの?」
ごそごそと片方のスニーカーを脱ぎ、足に引っ掛けてベンチから立ち上がる。

「あーしたてんきになぁ~あれっ!!」
 大きく振り上げた足からスニーカーが青空に向かって飛んでいく。

「うぅ…… 雨です……」
「へ?」
片足で地面を蹴ってケンケンしながら、地面の落ちてひっくり返っている靴を拾いに行く。……雨?
「雨ってどういうこと?」
「こうやって靴を飛ばして、ちゃんと表になったら晴れ、ひっくり返ったら雨、横になっちゃったら曇りなんだよ?」
「占いか何か?」
「お天気占いだよ? 昔は下駄でやったんだって。」
裏返った靴を拾って砂を払う姿は、ちょっと残念そうだった。
「雨になったらどうしよう……」
どうやらこの子、本気で撮影が楽しみみたい。……私はあまり乗り気はしない。……べ、別にスタイルに自信がないからとかじゃないからねっ!
「じゃあ、私もやってみようかな。」
「え? で、でも、ハイヒールが汚れちゃうよ? 真っ白なのに。」
驚いた顔、心配そうな顔、表情もコロコロとよく変わる。
「大丈夫よっ! ……んしょっと!」
片方だけ、足に引っ掛けて……
「え、え~と。」
「あしたてんきになぁれ! だよ?」
「う……」
なんだかんだで、ちょっと恥ずかしい。
「私も一緒に言うから、ね?」
「え、うん……」

「「あーしたてんきになぁ~あれっ!!」」

「伊織! ここに居たか……へぶっ!!」
「「あっ!?」」

・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
・・・・・・・
・・・・


 さっきまで私達が座っていたベンチには、偶然の被害者が横たわっている。
「ねぇやよい。この場合はどういう結果になるのかしら。」
「プロデューサーの顔のに当たっちゃったから……」
私の迎えの車が来たことを知らせに来た哀れな犠牲者は、思いっきり蹴りだした私のハイヒールを顔面で受けて、鼻血まで出してぶっ倒れてしまった。
「……やよいのは雨だったから、明日は鼻血の雨が降るとかじゃないでしょうね。」
「うぅー…… そんなの嫌ですぅ……」
冗談よ、と公園の入り口まで乗り付けてくれた車に乗り込む。クーラーの冷気が肌に心地いい。
「と、とにかく、明日はがんばろっ!」
「えぇ、がんばるわよっ!」


 次の日……
 急遽撮影が一緒になったあずさと美希と律子のせいで、会場は異様な盛り上がりになって…… 実際、鼻血噴いてたスタッフも居たみたい。
 う、占いもなかなか馬鹿にできないものね……

***************************

 というわけでやよいおりで……
 伊織はともかく、やよいを動かすのが苦手でなぁ
 夢想のシナリオもそうなんだけど、なんか難しい むむむ

 ということでSSでしたー

テーマ : アイドルマスター
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トリスケリオンP&ふるぷら~んP

Author:トリスケリオンP&ふるぷら~んP
主にニコニコでアイマスMAD作成中
結構適当

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク集
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。