スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

じっ語りへの返答

じっくり語られてみよう
No.27: k@non伊織編 最終話 「明日に続く鎮魂歌」

http://jikkuri.blog19.fc2.com/blog-entry-55.html

参加させてもらいました企画 じっ語
多くの人から語っていただき本当に参加してよかったです
感謝の気持ちを込めて個別に返信させていただきます。

zeitさん
http://blog.livedoor.jp/z6520/archives/1326260.html

伊織が幸せだったのは 自分が消える事を知らないで幸せなまま
消えた事が大きかったのかなと思います Pと亜美が幸せと悲しみが
半々なのに そしてPと亜美があまり葛藤せずに突き進んだのは
素直すぎたかなと・・・ その辺りはもっと深く掘り下げてもよかったかな
と思いました

cha73さん
http://blog.livedoor.jp/cha73/archives/925187.html

とにかくこの伊織編において一番のキーは亜美だったので
一番意識はしていました。亜美がいないと話としてなりたたないし
伊織あっての亜美 亜美あっての伊織 となるように
ファンとアイドルとの関係はテーマとして意識してました
そして やはりkanonはやはりあゆですねぇ
というか 真琴と舞は独立してるからある意味世界観を
語る上ではまた別次元になるんですよねと^^

グレゴールさん
http://gregor.blog63.fc2.com/blog-entry-390.html

一番悩んだというか アイマスキャラがあの立場におかれて
「こういう言動をするか?」というのは命題でした あまりにも
kanon的な行動しすぎると それはもうアイマスでやる意味がないので
あくまであそこにいるのは 伊織であり春香であり亜美であり小鳥さんで
なきゃだめだから その辺りもう少しアイマス側にひっぱってもよかった
気はします

damehumanoidさん
http://d.hatena.ne.jp/damehumanoid/20090815/p1

 なんというか、みんな(特にPと亜美)意識していなかったんですが
精神的に諦観してるというか 心を強くしすぎてしまった感はありました
もっとPなんかは取り乱してもよかったし 亜美だってもっと怒りを出しても
よかったのに みんな素直になりすぎたのかなと 
 辛い目にあったのに それでもまだ奇跡を望むのは強すぎるかは
自分でも迷うところです
 小鳥さんは地味ですがワンポイントにがんばって表現できたと思っていますw

arakawa77さん
http://arakawa77.blog35.fc2.com/blog-entry-479.html

原作知ってる人に対しての小ネタはあらゆる所に仕込んであったので
たしかにその辺りでおいてけぼりはあったのかなと 知らない人にとっては
話の本筋に絡まない所での遊びですけど その辺りは温度差に
なるのが難しいところでした
 ティアラのシーンは やはりアイドルの先輩である春香が
伊織に大して何をしてあげられるか という所で自然と浮かんだシーンでしたね



 この企画に参加してくださった皆様方、企画運営の爽快P
 みなさまに心から感謝いたします。

テーマ : アイドルマスター
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トリスケリオンP&ふるぷら~んP

Author:トリスケリオンP&ふるぷら~んP
主にニコニコでアイマスMAD作成中
結構適当

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク集
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。